■プロフィール

suisaisutudio

Author:suisaisutudio
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10年ぶりにロボット兵と再会(笑)。三鷹の森ジブリ美術館
130927
 え〜〜,人生の酸いも甘いも知ってる妙齢の女性6人組で、ジブリ美術館に行って参りました〜♪ 初めて訪れた友人,数度目の友人と様々ですが,私は10年ぶり! まるでジブリアニメの背景の様な空をバックにしたロボット兵と再会出来ました♪
 行く前は何年行ってないんだろう?と不確かだったのですが,猫バスのとこで長男がギリギリ乗れたんだっけって思い出し、てことは、長男22歳,10年ぶりだとはっきりわかりました(笑)。

 で、10年ぶり…様々な展示物があるけれど,やはり心惹かれるのは宮崎氏のアトリエと設定された様々なコンテや設定,背景画,大量の資料が展示されている部屋…。
 この部屋は宮崎氏の「好き」が詰まっている様に思えます。 そしてそのすごい量の「好き」が凝縮され,一滴一滴搾り出され集められ,そして熟成されて出来るワインの様なものがアニメーション作品の様に,以前も思えました。
 今回もその想いに変わりはなかったのだけれど,醸造の間に色々と、まぁ,入れざるをえない現実もあるんだろうな〜というのをココ数年のジブリアニメ作品に私は感じていました。
 「風立ちぬ」は、醸造の間にギリギリ可能な限り?何も入れないでよかった作品なんだろうなと思いました。

 私の私見はともかく、私の方でも曲りなりに10年何かを描き続けていて,私の「好き」の精度も苦しい生活ながら上がって来た今、その目でまた観て色々感じられたことが嬉しかったです。
 今回初めて館内のミニ映画館で観た短編作品も、すごく面白かったです! 
 色々と刺激のある美術館であることを改めて感じたので,せっかく近くに住んでいるのだから,次回は10年後といわずまた来たいなと思いながら,傾きかけた陽を浴びながら,ジブリ美術館を後にしました。

 大人と観るジブリ美術館も楽しいですね(笑)。 楽しいひとときを一緒に過ごしてくれた友人達にも感謝です♪

スポンサーサイト
おでかけ | 22:14:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちっちゃいもん好きの作戦会議♪
130925-01
 絵と手芸のコラボ作品をしているkana2ちゃんと楽しい作戦会議をすることになったのは実に久しぶり! kana2ちゃんマジックのお陰でコラボ作品はエキサイトブログでピックアップされたくらい、中々に注目を浴びているので♪次の手をやはり考えてしまうのです♪
 上の写真はそのエキサイトブログでピックアップされたミニチュアマカロン&キャンディ柄バッグです。
130925-02
 三宿は以前からkana2ちゃんをご案内したかった英国アンティーク家具&雑貨を扱うお店「GLOBE」に行きました。 ビルの横にある小さなお庭がすごく好きで、そここそご案内したかったのに,しばらく行かない間にこざっぱりとつまんな〜い近代的な空間になってしまっていてとても残念…(涙)。 
 なんとか気を取り直して店内に入れば,本館の方の商品とは違い,ちょっと頑張れば買える品揃えです。
 「あぁ,お金と仕舞う空間があったらいくらでも欲しい!」モノ達を二人ともぐっと堪え我慢し、厳選した数品を買ってホクホク♪
 
 その後まさに観るだけの本館を3階まで観て降りて来ると,なにやら撮影の仕度をしてるじゃありませんか…ほどなくワラワラと人が表れて,御ぉ,撮影が始まるのね?と思っていたら,目ざといkana2ちゃんがその中に女優の多部未華子ちゃんが居るのを発見し,なんと撮影中でもカフェは利用出来るとのことなので、ラッキーなことに撮影されている未華子ちゃんを観ながらのランチとなりました(笑)。
 いやいや,テレビで見るよりずっとナチュラルで,超絶可愛かったです♪
 
 そんな興奮のランチを終えて,可愛いお店を見つけては入り散策しながら下北沢に着き,そこから小田急線で向かったのは向ケ丘遊園駅からほど無い場所にある雑貨屋さん「SunnyDays]。  好きなナチュラル木工雑貨の「keri works」さんの展示販売があるからなのでした。
 お店自体。全体,ものすごくかわいくて好きなテイストで,ここもぐっと我慢を重ね,Keriさんの木の小さなスプーンとフォークのアクセサリーを、厳選して買いました♪
 
 そのあとコメダで一休みしてそれぞれの帰路についたのですが、今回もちっちゃいモノ尽くしで楽しい作戦会議でした♪
 あ、ちゃんと作戦会議もしたんですよ。 その結果はまたいずれ作品が出来たらアップします♬!


ちっちゃいもん | 18:06:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
父のミニチュア革細工新作 「リュックサック」


 幅が5cm弱、高さが7cmほどのミニチュアのリュックサックです。 以前父が定年後革細工を始めたことはこちらに書きましたが、先日会った時にこちらの新作を見せてくれました。
 来月ある地域の文化祭に出品するけれど…というこちらの作品を借りて大事に持ち帰り、撮影しまくり(笑)。
 
 この小ささですから当然全て手縫い…しかも革の硬さがあるので縫うのに力も必要です。 手先が器用で力がある父ならではの作業だなと、ほとほと感心…。 
 開口部分の開け閉めのループや,今回も手作りの金具など、父のこだわりを色々聞きました。
 
 会食の後、革細工屋さんや金具屋さん巡りのため、浅草、蔵前,浅草橋あたりを両親と私でウロウロ…。 ぶり返した暑さの中、会食の前に観た美術展でもかなり歩いているのに、両親の健脚ぶりに驚きました。
 また、「好きなもの」は,人を健康にするのだなと思いました(笑)。

 1個作るのにも大変なのに、調子に乗ってる娘はミニチュアのランドセルやフランダースの犬のネロが持ってた肩掛け鞄みたいなのも観たいな〜…なんて思ったり♪
 今後の製作のためにも、今は仕方なく作っているこの5〜6mm幅ほどのミニマム金具を買えるところを知りたいそうです。 ご存知な方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せください。

 また新作が出来ましたら、アップします!

※ミニチュアの革靴はこちらです♪


ちっちゃいもん | 11:08:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
LOTUS BLUE 青蓮
130912
 先日まで連日アップしていた旅日記ですが、冒頭に高山へいきたかった目的の大きなひとつに友人で室内装飾家の永井美奈子さんのお店「LOTUS BLUE 青蓮」に行きたかったからだと書きました。
 今回はそのお店のご紹介です。

 まず何屋さんなのか?ですよね(笑)。 昭和30年代くらいから40年代くらいまでの雑貨を扱うレトロ雑貨屋さんです。 日用品から文房具,アンティークな手芸用品など、女性が好むものが主でしょうか? 
 しかしながら陶器はブルーウィローのコレクションもあり、通好みな大人が満足するアイテムもあります。 美奈ちゃんがカルトナージュで作るアンティークな風合いの箱も素敵なんです。

 数々の商品も魅力的ですが、なんたって美奈ちゃんひとりでコツコツと古いお家を改装して素敵で懐かしく仕上げた店内が素晴らしい…!
 椅子の張り替えなんかもしちゃうんですよ。 同じ様に椅子の張り替えをする母は、私以上に美奈ちゃんのお仕事ぶりに興味津々&うっとり…。 私よりたくさん質問してました(笑)。
 ディスプレイもどれも素敵で「室内装飾家」ってすごいな…!と、改めて思います。 この3階建てのお店丸ごと、美奈ちゃんの作品です。

 ちなみに「この建物だったからこういう感じになったんで、もっとウッディだったらカントリーになっただろうし…」とのこと。 そう、純和風も、シンプルモダンも、可愛いカントリーも、美奈ちゃんは全部お手の物!の、お部屋の魔法使いです♪

 ちなみにもうひとつの美奈ちゃんのお仕事は版画のぬいぐるみ「真工芸」の商品開発です。 デザインして版木を作って刷って縫い合わせてつくるぬいぐるみ達。
 美奈ちゃんはデザインと版木制作を手掛け、ご家族で作っておられます。 もう来年の午年のぬいぐるみは完成間近とのこと…私の干支であるお馬さんを買うのが楽しみです♪

 おしゃべりも楽しい美奈ちゃんとの時間…またぜひ高山を訪れたいと思います。


おでかけ | 23:18:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
高山・松本旅行 お土産編
130908

 滅多にない貴重な旅なので、2泊3日という短さにも関わらず,訪れた2カ所を観光と美味しいものに分けてゆるゆるアップし続けてきました。
 今回は最終回とでも言いましょうか(笑),お土産編です。 お土産ったって、ほとんど自分が欲しかったものと、次男と食べるものぐらいですが,たくさんあった欲しい物から厳選し、写真にある様なものを買ってきました。

 高山での食べ物はとちの実煎餅ととち餅と飛騨牛カレー。 お煎餅は1日一枚でジワジワ楽しんでいます♪ お餅は未だ暑いのでね、もう少し涼しくなってから…いただいた竹風堂の栗かのこがあるので、焼きたてに栗を添えて食べるのが楽しみです♪
 飛騨牛カレーは、私だけ美味しい飛騨牛ステーキを食べてしまったので、息子達へです…一口味見させてもらうけど(笑)。
 
 朝市で買ったのはちっちゃいもの好きには堪らない、これまで私が見た中で一番小さな「さるぼぼ」!高さ1.2センチってとこでしょうか? 売られてるおばさんのお嬢さんが作られてるそうです。 朝市と同時に我楽多市も開かれていて、そこで見つけた掘り出し物は焼き印! 
 お饅頭やどら焼きなんかに押してある、鉄を熱し、焦げ目で作るはんこみたいなものです。 合羽橋商店街で見つけたことがあるのですが,1コ何千円てするんですよ…とても買えない…。 それが1個500円! 色んな文字があったのですが「月」を選びました。
 涼しくなって、お饅頭やどら焼きを作るのが楽しみです。

 ちっちゃいもの好きの目を惹いたのは松本の旧開智学校のお土産コーナーで見つけてお酒の徳利…信楽焼の狸が持ってそうなあれです(笑)。 旧開智学校と何の関係もなかったのですが買っちゃいました。
 旧開智学校ではスタンプを押したかったのでポストカードを購入しました。 雪の旧開智学校のポストカードなど嬉しいものがありました。 
 スタンプは以前友人がくれた絵はがきに押されていたものと同じものがあって、「そうか、ココで押したのを送ってくれたんだ!」と嬉しくなりました。

 紅いミニチュアの傘は旅館のお料理に着いていたもの。良く出来ていてかわいいのでいただいちゃいました♪ 旅館でと言えば、最初に出していただいた「しいたけ茶」が美味しかったので、お土産コーナーで購入。
 コショウが利いていて、お茶というよりスープみたい…これでお雑炊を作ったら美味しいだろうな〜…と、これもまた涼しくなるのを待つばかりです。
 お箸はお膳にあったもので、次男が気に入ったのでやはり旅館のお土産コーナーで買いました。

 本当は松本で開運堂の和菓子も欲しかったけれど、未だ暑いと日持ちも難しいし、また松本に来られる様願掛けのため?敢えて立ち寄りませんでした。
 の代わりに?松本で創業100年のパン屋さん「スイート」でブーレとメロンパンとロールパンを買いました。 小麦の味が美味しいパンでした♪
 あ、あとガチャポン好きなので、松本城でピンバッチをガチャッと…。 欲しいなと思った雪の松本城でラッキーでした♪

 それから今回の旅でやってみたかったことは旅先で水彩画を描くこと。 ATCカードという名刺くらいのサイズなので小さなものですが,松本のお部屋から見える空と山を描きました。 持って行ったこの固形水彩絵の具セットが可愛いでしょ♪ モニターとしてホルベインさんからいただいたものですが、コンパクトで発色もいいですし、旅先スケッチにはいいですね!
 今後また旅できる時があれば、お供に連れて行こうと思います♪

 さて長きに渡って、ご覧いただいたみなさま。ありがとうございました。 お陰さまで本当にいい旅が出来ました。 息子達と旅行出来たなんてと〜っても嬉しかったし、両親が大変喜んでくれたのがホントに嬉しかったです…。
 高山も松本も、何度も訪れたいと思う場所でした!

ちっちゃいもん | 23:31:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
飛騨高山・松本旅行 お宿編
130906

 飛騨高山に行く一番の目的は友人の美奈ちゃんに会うことだったし、また趣味の合う母とたくさんおしゃべりを楽しめればいいので、駅前の、便利で格安のビジネスホテルに素泊まりでした。
 しかし松本では父と合流しますし、私にとってかけがえのない旅になると思ったので、松本のお宿は松本通の友人に訊かない手は無い!と、旅が決まって速攻で相談のメッセージを出しました。

 友人イチオシのお宿がこの度お世話になった「追分屋旅館」だったのですが、本当に素敵なお宿でした。
 「お料理がなんたっていいんです!」と薦めていただいたのだけど、お料理はもちろんのこと、急な申し出の際に温かく素早くご対応いただいたことに始まり、始終丁寧で温かく、そしてゆったりとした気持にさせていただけるお宿でした。

 友人オススメのお料理は、どれも創意工夫と手間と板長のお客と料理への愛情が感じられたもので、美味しいお料理って本当に気持ちの真ん中がホッコリするのですね…堪能しました…。
 父がとても興味深く色々訊いていた地のワインを始め、信州牛のステーキはもちろん、ごぼうのポタージュなど地産の材料をたくさん使われているのも地元への愛情が伺えて素敵でした。 そしてなによりこの数々の美味しいお料理を、息子達と食べられたのが私にとって、両親にとっても最高のご馳走でした。

 朝食も我家の夕食以上(汗)のものが並べられ、朝から本当に贅沢…。 食後のコーヒーをいただきながら父と息子達が楽しそうにおしゃべりしてくれてる様子は、至福でした♪

 松本グルメと言えば本当に沢山あるのですが,今回はこちらのお宿でかなり堪能したので充分! ではあるのですが,「せっかくだから旨い蕎麦を食べたい!」の父の希望で,松本城近くにある「もとき」さんでお蕎麦を食べました。
 シャキッとしていて細く白いお蕎麦は、旨味だけ残した贅沢なお蕎麦です。 東京の更級蕎麦のようですが、違うのは量…! 松本城天守閣内を昇り降りしたお陰で美味しく食べられましたが、普段なら食べきれなかったかもしれません。

 観るのも食べるのも魅力一杯の松本…またぜひ訪れたいです。

美味しかった | 08:12:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
飛騨高山・松本旅行 松本観光編
130905

 先日書いた様な、私にとって大変希有で貴重で大切にしたい旅の、今日は松本観光編です。

 今回の旅行、日頃の行いは,まぁ可もなく不可もなくというところだと思っているのですが…まったくもって日頃の行いがどれだけ良くないんだ〜(涙)と思われる様なお天気でして、息子達となわて通りと中通を歩いた一日目はまだしも、松本城と旧開智学校と巡った2日目はものすごい雨で,私の靴の中は雨水がたまり放題でした。
 
 そんなお天気だったので、お城の天守閣内や旧開智学校の中を観ることは雨から逃れるのにも良かったです。
 いずれにしてもどちらも一度ゆっくり観たいと思っていたのが念願叶いました。 どちらも予想を遥かに超える展示物の多さと興味を惹く内容…歴史好きにはたまらないものでした。

 天守閣の中、上へ揚がれば上がる程階段というか、もう梯子に近い急な傾斜の階段は、敵が昇って来るのを困難にするためだというのは、後で乗ったタクシーの運転士さんに聞いた話です。
 そんな階段に及び腰になりながら,ここから石垣をはい昇って来る敵に石や弓を打つのだという場所を観ながら、当時の武士も大変だったね…と思うのでありました。 
 かなりの数の鉄砲の展示を観,戦国絵巻物を観、木のぬくもりを感じながら窓から見える思いの外高い場所からの風景を見下ろし、時代劇気分というか、戦国時代気分を満喫しました♪
 
 そしてお昼ご飯を挟んで次に訪れたのは旧開智学校。日本最古の小学校です。明治6年(1873年)に開校したそうです。 この建物を観たいと長く思っていたのですが,残されている明治6年から現在に至るまでの教育に関する資料はものすごい量があり、その一部である展示品だけでも充分面白く興味深く,貴重なものでした。
 知育玩具ってこの頃からあったんだ…!とか、子守りをしている少女にまで教育を!という信念の素晴らしさに唸り,戦時下にあった時の教科書に暗澹とした気分になったり、どれだけここに居たかわから無い程夢中になって見て回りました。
 と、堪能した旧開智学校でしたが、ここもまた行ってみたいと思う場所のひとつです。

 前後しますが,息子達と廻った旧い建物が並ぶ街中もとても楽しかったです♪ 長男オススメの?自転車屋さんは殊更に圧巻…!(笑)。 飛騨高山に続き松本と、今回は旧い建物三昧の旅です。

 次回はまたまた大変美味しかった、松本グルメをアップします!


おでかけ | 16:24:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
飛騨高山・松本旅行 飛騨高山美味しいもの編
130904
 先日書いた様な、私にとって大変希有で貴重で大切にしたい旅の、今日は高山美味しいもの編です。

 幼少の頃名古屋に住んでいた事があって、その頃の大好物と言えば「みたらし団子」でした。 甘いタレがかかっているそれではなく、お醤油味のさっぱりしたものです。 もう20年以上も前に一度高山に来た時に私が長く恋い焦がれた懐かしい「みたらし団子」に再会出来て、それはそれは感激したものでした。
 なので今回もみたらし団子は欠かせません、高山入りした翌朝,朝市で母に買ってもらって(笑)食べました。 ソボクな美味しさ大好きです♪

 とちの実煎餅も大好きでそれも買って帰って来ましたが、飛騨高山と聴いてそんなソボクな味しか思い浮かばない私には思いも拠らない「飛騨牛」をいただける機会に恵まれました…!
 友人の永井美奈子さんこと美奈ちゃんが、お友達のお店のディナーを予約していてくれたのです。

 土砂降りの中向かったお店はカフェ・フロール。 パリの街角にあるビストロ(行った事無いけど:笑)みたいな佇まいで、扉を開けると、シンプルで可愛らしい店内にご主人のコレクションであるポスターがセンスよく飾られているお店…。
 ずぶ濡れになった私達を心配してくださるあたたかなご夫婦が向かえてくださいました。

 さていただいたお料理は、まずマグロとアボカドのカルパッチョが前菜です。
 香のいいオリーブオイルと、カリッとした塩味の岩塩が素材の甘さを引出すお洒落で美味しい一皿でした。
 残ったオリーブオイルを拭っていただくバケットも、遠方から買いに来るお客さんの行列が出来るというパン屋さんのもの…。 ぜひ買って帰りたかったのですが、歩いていけるとこでは無さそうで断念しました…。

 次に出てきたのが穴子のフリッター。 限りなく軽くサクッと揚がったフリッターは、パセリとライムが利いたソースでいただきます。
 散らしたパセリのフライがまたいいリズムで美味しくてね! 揚げ物がそれほど好きでない私もあっという間にお腹に入ってしまいました!
 そしてそして飛騨牛のステーキ! やはり飛騨高山名産である桃を使ったソースは、桃の香と香ばしさのマッチングが絶妙で、溢れ出る肉汁とマッチして素晴らしいコンビネーションでした。
 こちらもまず普段食べられないお肉の量をペロリ! 恐るべしシェフの腕と、私の食いしん坊魂!(笑)。 イヤ〜〜美味しかった!
 
 でココで本当はパスタを出してくださる筈だったのだけど、さすがに胃袋に余地がなく断念!(涙)。 別腹が出来るデザトーの、無花果の赤ワイン煮とマンゴーシャーベットはいただきましたが、本当に美味しく、また温かなお料理は心も満たしてくださいました…。
 用意してくれた美奈ちゃんと、ご馳走してくれた母に感謝です…!

 そんな素晴らしいディナーをいただいた私達は翌朝朝市に出かけ,前出したみたらし団子を食べるのですが、その場で食べなくても色々見て回り、旅は未だ始まって間もなく…欲しい食材は沢山ありましたがとち餅くらいに抑え、買いすぎない様注意しながら商品を選んでいきました♪
 
 そしてもうひとつの高山グルメの目的は,大好きなtvkの番組sakusakuでMCをつとめているトミタ栞ちゃんのご実家「豆天狗」でラーメンをいただくことでした。
 長男は数度食べていて、美味しかった!と聞いた時から行きたかったので、念願叶っての一杯! 和風だしのさっぱりしているのに旨味があるスープと細麺の相性がピッタリな美味しいラーメンでした♪
 息子達はつけ麺。こちらはパワーのあるお味で、また美味しかったです。

 いただき損ねたカフェ・フロールのパスタも、飛騨牛ハンバーガーも食べたかったし、伝統の郷土料理、ほう葉味噌のお料理も食べたかったし、まだまだ高山は食べ足りてない(笑)
 また訪れたいと思います! 今度は寒いけれど美しい雪景も観たいので、冬の高山にトライかな♪


美味しかった | 09:55:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
飛騨高山・松本旅行 飛騨高山観光編
130903
 実に久しぶりに…12年ぶりに両親と旅行が出来ました。行った先は、飛騨高山と、松本です。
 次男が電車と自転車で信州に住む長男のところに行くというので、そのスケジュールに合わせて私も仕度し、次男が到着した翌日に長男に次男を乗せて高山まで来てくれないかな?とお願いしたところ快諾してくれて、飛騨高山を母と私と一緒に観て回ってくれた後松本まで送ってくれました。

 そして松本で父と合流し宿まで送ってもらったところで、父が息子達に今夜どこで泊まるのか?と訊いたところさしたるアテもなく〜…車中泊か大学にででも〜というので、それなら良かったら一緒に旅館に泊まりなさいよと提案してくれて、急な事なのに息子達も受けてくれたので、お世話になった「追分屋旅館」さんもホントに急な事なのに充分な対応をしてくださって、なんと3世代一緒に一泊できる事となり,それはそれは私にとって、スペシャルな旅になったのでした…♪
 
 という事で、大変希有で貴重な体験なので、数日に渡ってブログアップしていきますね。 よろしかったらお付き合いくださいませ♪
 まずは飛騨高山観光編です。

 長男の住む伊那と高山は比較的近い事もあって、長男も数度高山に来ているから来てくれ易いかと思ったのと、TVアニメ「氷菓」が好きで聖地巡礼をしたかったのと、そしてなにより友人の室内装飾家の永井美奈子さんに会いたかったので高山を選びました。

 前日は夕方に入りましたし、翌日も昼過ぎには松本へ向かわなくてはならなかったのでそれほど広範囲見たわけでは無いですが、それでも行きたかった高山市図書館も赤い橋も、可愛い洋館仕立てのお店も朝市も、たまたま開催していた「我楽多市」ゆっくり観て廻れ、美奈子さんの素敵なお店「ロータスブルー」も堪能させていただきました。
 美奈子さんのお店についてはまた別日にアップしますね。

 恵まれなかったのはお天気だけで、雷雨の中靴の中に水がたまる程の酷い土砂降りの中歩く時間帯もありましたが、それもまた印象に残るひとつの出来事…。どれも大事なひとときでした。

 次回は高山美味しいモノ編を書きます。


おでかけ | 19:54:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad