FC2ブログ
 
■プロフィール

suisaisutudio

Author:suisaisutudio
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

個展搬入と夕景横浜散策
140726
 昨日、明日から始まる個展「空と宇宙展」の搬入をしてきました。 次男の現場監督の元、スムーズに尚かつ楽しい展示になりました。 暑い最中ではありますが、お越しいただけたら嬉しいです♪

 搬入の後手伝ってくれた母も含めて早い夕飯をいただき、その後次男と夕景の横浜を写真を撮りながら歩きました。 ちょうどダイヤモンドプリンセス号が停泊していて、出向までを見ることが出来ました。 初めて見る豪華客船…いや、いい物を見られました♪
 他にも色々撮り歩き、もう一回横浜をテーマに展示会をしたくなるほどでした。 思いがけない次男と横浜ぶらぶら…頑張ったご褒美を早くももらった感じです^^*

 ではそんな横浜関内で、みなさんのお越しをお待ちしています!

■空(そら)と宇宙(そら)展
期日:2014年7月28日(月)~8月2日(土)
時間:11:00~18:00
(初日は14時~ 最終日は17時まで)
会場:絵具屋三吉 土瓶画廊
〒231-0032
神奈川県 横浜市中区 不老町 1-4-12 3F
JR関内駅南口すぐ。
TEL:045-641-9318

※28日(月)は14時から31日(木)は15時から以外は、毎日11時から18時まで(最終日は17時まで)在廊します。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト
おでかけ | 10:03:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
小劇場演劇的オペラ「ラ・ボエーム」
140725

 私がチラシの絵を描かせていただいた小劇場演劇的オペラ「ラ・ボエーム」を観に行って参りました。 会場最寄り駅の高円寺を降りると、稲光と轟音、雨に迎えられ、途中でビニール傘を調達しながら会場である座・高円寺2に飛び込むと、目の前にこの大きなポスター…! ここまで大きなポスターにしていただいたことは過去なかったので、思わず記念写真を撮ってしまった次第…。
 私の素朴な水彩画を素敵に料理してくださった、デザイナーの太田公士さんに感謝です!

 そのことも大変嬉しかったけれど、今夜書きたいのはそのことより今日の公演での感動なのです。が、この感動を伝える言葉が思いつくもの全て陳腐で、伝えられずもどかしい…一番言っちゃいけない「とにかく観てっ!」を言いたくなってしまうのですが…私なりに書いてみます。

 まずチラシを描かせていただいたからというわけではなく,お姉さんの頃小劇場の舞台が好きで観に行っていた私としましては「小劇場演劇的」に惹かれまくってたわけです。 しかも当時よく足を運んでいた第三舞台にいらした岩田達宗さんが演出をされる…!
 勝手にご縁を感じ、もうこの辺りからこの公演の一端でありそして大事な部分を受けさせていただくことに天にも昇る想いでいました…。 そして今日の公演の日を心待ちにしていたのです。

 まだまだたくさん書きたいことがあるのを泣く泣く割愛して公演への感想に飛びますが、お話を簡単にまとめると…芸術家気取りの青年達と、野心溢れ奔放でいながら温かいハートを持つ女性と、心の底から天使の様な女性の6人が織りなす物語…。 
 好き勝手に身勝手に生きていた若者達が天使の様な女性ミミの死をもって生を真剣に考え始めるという悲劇なのですが、波のある仕事をしている私にはなんだか人ごとに思えない世界観…。 
 しかも岩田さんの演出で、舞台の小道具が本や絵画に加え、おもちゃやマンガ、ゲーム,キャラクターのぬいぐるみなど、現代の雑然とした小物が「片付けられない部屋」の様に積み上げられているので妙にリアル…そして感情移入に拍車がかかる…。

 内容だけでも充分切ないのに、鍛え上げられた素晴らしい歌声に想いが込められたら、その想いがどこか自分にも重なる切ないものだったら、もう、恥ずかしげもなく、声が出そうなくらいの涙溢れまくりです…。

 まず集まることがないと思われる、各地でご活躍のオペラ歌手達が、その歌声を余すことなく披露する上に小劇場的キレのある演技ですよ…こんな贅沢無いって思う公演です…。 
  オペラに精通する方々が「こんなラ・ボエーム観たこと無い!」と「過去出会ったボエームの中で最高の感動」という言葉で絶賛されていました。 こんな素晴らしい公演をたった250席の小規模な会場で、演者の息づかいまでがわかる会場で鑑賞出来るのもあり得ない贅沢です。
 幸い明日当日券が出るそうです!ぜひぜひ!
 
 感動しすぎて支離滅裂でごめんなさい! 今私は、今日の公演そのものに恋に落ちた気分です…。 素晴らしい公演、本当にありがとうございました!
 

■ラ・ボエーム
演出・岩田達宗
指揮・柴田真郁
ピアノ・古藤田みゆき

7月
24日・19時開演
25日・15時開演
座・高円寺2
全席自由・5000円
(全250席の小さな劇場です。全てのお席から、舞台が良く見えると思います。)

原語上演(オリジナル字幕付き予定)


ミミ・高橋絵理、稲森慈恵
ムゼッタ・見角悠代、山本香代
ロドルフォ・寺田宗永、青地英幸
マルチェロ・須藤慎吾
ショナール・大沼徹
コッリーネ・大澤恒夫
べノア・志村文彦
アルチンドロ・大澤建

稽古ピアノ・神保道子
舞台監督・荒牧大道(劇団うずめ劇場)
制作雑務・首藤史織(ミャゴラトーリ)

鬼才・岩田達宗が、小劇場でしか作れないボエームを作ります。
そこに、かくも魅力的なメンバーが集まりました。


開場は14時半です。
当日券の発売、受付預かりの引き換えは14時から対応致します。
14時40分目安で、演出・岩田達宗のプレトークがございます。
このボエームは、岩田氏曰く「こんなボエームをやりたかった」と仰る渾身の作品と自負しております。
高円寺駅徒歩5分の座・高円寺2(地下2階)へ、是非お運び下さい。
当日の連絡は
090-8087-5656
ミャゴラトーリ
(本日日中は公演準備の為、繋がりにくい事があります。ご了承下さい。)


※当公演は、自主企画公演であり、公演予算はチケット売上がその全てですが、出演者等へのチケットノルマやチケットマージン制度をとっていません。出演者、スタッフの信頼関係により、どなたからお買い上げ頂いても、売上の黒字分は全ての関係者に分配されます。
関係者皆で良い公演を目指します。どうか、公演そのものを応援、そして、期待をして頂けたら嬉しく思います。

お知らせ | 01:10:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジブリ美術館を堪能♪
140716
 高校の同級生が台湾に渡って早幾年…彼女の里帰りに合わせて再会していますが、今年は中学生の息子さんも加わって、息子さんのリクくんリクエストでジブリ美術館へ行きました。 まずは腹ごしらえで、以前友人が連れてってくれた千年葡萄屋というビストロにご案内…。 リーズナブルで美味しいランチに二人とも喜んでくれました♪ デザートに選んだ岩塩のバニラアイスまでしっかり美味しかったです。

 吉祥寺のアニメグッズ専門店(笑)に寄りリクくんはお友達にお土産を買っていました。 日本のほとんどのアニメが台湾で観られるらしいです。 そして井の頭公園を抜けていざジブリ美術館へ…! 

 中学生男子なんて初対面のおばちゃんにお話なんてしてくれないだろな〜と思っていたのですが、これがまぁ可愛い笑顔で好きなアニメについて話してくれる話してくれる…! ジブリ作品の中で一番お気に入りの「借り暮らしのアリエッティ」の絵コンテを観ながらの作品解説の時は一番の饒舌でした♪
 言うまでもなく私達もジブリ世代…言ってみれば世代を越えてのジブリ好きオフ会の様になりました(笑)。

 何度か訪れている美術館ですが、カフェに入ったのは今回が初めて。 新商品のルバーブスカッシュは酸っぱくて暑い日にぴったりの美味しさでした♪ これまでよりゆっくり見て回れたこともあるのでしょうが、リクくんの発見で他にも今まで気付かなかった物を目にすることが出来ました。 

 何周もして堪能して尚名残惜しかったけれど三鷹の森を離れ、来年はたてもの園に行こうね!と約束して、それぞれの帰路についたのでした…。
 彼女と出会って30年以上…遠く暮らしているのに、今もこうして楽しく会えることに感謝です…。

おでかけ | 23:08:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
出張講座@富山
140714

 今回講座をご依頼くださったのは富山にある創業大正12年という老舗画材店「キレイ堂」さんで、キレイ堂さん店長さんとスタッフの方とお会いしたのは昨年11月の画材見本市にてでした。 その時私のデモンストレーションをご覧になったお二方が、ぜひ富山での講座をとおっしゃってくださり、半年後に実現したのです。 ご縁をくださった、いつもお世話になっているホルベインさん、実現してくださったキレイ堂さんに感謝感謝なのでありました。
 講座の様子はこちらの「Mariの講座日記」にまとめましたので、ぜひ飛んでみてくださいませ!
 
 前日お昼に富山に入り、まずはお店に伺いご挨拶とか以上の下見です。 準備段階から細やかにご対応いただいていたので、お陰さまで準備万端です。
 ふたたび店長さんに宿泊先まで送っていただき、その後はプチ観光…。 まず路面電車に乗りたかったので移動は路面電車で…とはいえ土地勘がないのは当たり前ですが、方向音痴で地図が読めないモノですから、おとなしめに近場で楽しそうなところを…と、見つけたのが、ホテルロビーで見たチラシにあった「富山の薬売り」で有名な「廣貫堂」の資料館。
 レトロな薬のパッケージはたくさん見られるわ歴史的豆知識は知れるわで、私にとてもツボな資料館でした。
 自分と息子達のお土産に、ケロリンのロゴ入りミニ洗面器を買いました♪

 その後はやはり海の幸ですよ! ロビーで丁寧な説明を受けて、おすすめの「せん」」へ行ったのですが、静かな店内にジャズが流れる大人空間…そこでいただくお刺身やお寿司など手料理はむちゃくちゃおいしかったです♪
 東京ではいただけないお値段なのもありがたいです…。 お店の方もとても丁寧で温かく、美味しく気持ちほぐれる富山のファンになってしまいました。

 無事講座を終え、いっぱいお土産を買って帰路につきましたが、またぜひ訪れたいと思います。 レトロで美味しくて温かい富山、いいですね♪


美味しかった | 10:57:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad