FC2ブログ
 
■プロフィール

suisaisutudio

Author:suisaisutudio
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

泥リア2015を観て
150924

 大好きな劇団風煉ダンスの公演「泥リア」を観て来ました。
 
 2011年5月末、震災と原発事故の傷跡がまだ生々しい頃「泥リア」は上演されました。公演後、再演を望む声や「是非野外劇で」との声からの再演だそうです。しかも、野外劇場、井の頭公園での公演です。
 しかも本日なかなかのざんざん降りです…演出効果もより一層増し、迫力のある公演となりました。

 サイトにある言葉
「あれから4年。変わってしまったこと、全然変わらないこと。
忘却の果てにわたしたちは一体何を忘れ何を置き去りにしてきたのでしょう。」

 この訴えを、体を張って表現されています…。 この公演でだけでなく、こちらを開催されるまで、どれだけ体を張って情熱と時間を傾けて来たかを伺い知ります。
想いを、役者としての鍛錬を、表現者としての創造を、どれだけ積み上げてこの公演に至ったか…。2時間半に及ぶ長い演目でそれを実感しました。

 大切で重たいことが語られていますが、渋さ知らズの迫力の生演奏の中、軽妙で絶妙なテンポで繰り広げられるお芝居にグイグイ引き込まれ、そのテーマはアタマでなく体感で伝わります…。
 
 先ほど雨が演出効果を上げと書きましたが、養生のため観客は一切濡れずに観劇出来ますが、役者さん達はずぶ濡れでまさに泥だらけです。
 濡れていなくても帰途寒さに身をカタくした初秋の夜。 役者さん達の寒さはいかばかりか…。 風邪を引かれないか、心配です。
 
 そんな情熱的で規模がデカくて楽しい「泥リア」は28日まで開催です。 ご都合つく方はぜひ足をお運びいただき、あの日を今一度心に刻んでいただけたらと思いました。
 

スポンサーサイト
おでかけ | 00:29:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
馬の祭典! 第47回愛馬の日
150923
 
 連休最後の日…といっても連休も通常通りお仕事の毎日だったのですが、最後の日くらいお休みらしいことをしたいなと、次男と馬事公苑で開催された「馬の祭典! 第47回愛馬の日」に行ってきました。
 
 流鏑馬とばんえい競馬が主な目的…。 写真は次男に任せて、私はクロッキーに挑戦しました。 さすがに流鏑馬の馬が走っている様子は描けませんでしたが、それでも描くつもりでじっと見られるのは貴重な体験でした。
 何より騎乗の方々の佇まいがかっこいい! 馬もかっこいい! 声を上げて感動してしまいました。 
 
 遠目でしたが「母衣引(ほろひき)」という、母衣を後ろになびかせ疾走する馬術で、江戸中期以降、馬の催しの際に供覧されたものと伝えられている伝統馬事芸能を観られたのも良かった! こちらも格好よかったですね〜。

 颯爽と走る馬達を堪能した後はばんえい競馬。 重さ500キロから1トンもの鉄そりを馬体重約1トンの馬に曳かせ、全長200m、途中に2ヶ所障害(坂)のある直線コースで競うレースで、現在も北海道帯広で行われているものですが、デモンストレーションを観ました。
 同じ馬でもこんなに違うんだと思う体躯の太さ、足の太さ、砂煙を上げて凄い迫力でした。

 まだ観たい演目はありましたが、次の演目まで2時間ほどの待ち時間を要するので、その後は三軒茶屋まで行ってハナマサで買い物をし、キャロットタワーの最上階でソフトクリームを食べて帰りました。 屋台飯も久々に楽しみ、いい1日でした。 
 付き合ってくれた次男に感謝…そしていい写真をいっぱい撮ってくれたのもありがたい。 この日の感動を元に、水彩画に描くのが楽しみです♪

おでかけ | 22:03:50 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad