■プロフィール

suisaisutudio

Author:suisaisutudio
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

書道展「祭ばやし」
151127-01
 

 私が伺うのは今年で4年目になるでしょうか?懇意にさせていただいている筆文字アーティスト「三左衛門」こと、小林覚氏が参加されている、早稲田大学書道部OBの書道展「祭ばやし」に今年も伺ってきました。
 今年は26回目のようです、すごいです!

 毎年この時期に開催される書道展で、とても楽しみにしていますし、あぁもうこの季節か…!と、私にとって風物詩となっています。

 書を身近に!という目的で始められた書道展だけあって、本格的な書も実に親しみ深く並んでいます。 旅のノートや
 私のワークショップにご子息とご参加頂いた時のプラ板作品も展示してくださっていました! 「手ほどき」というのが嬉しいです。 北斎漫画まで描いちゃう!多才すぎです!

 といったように出展者のテーマも書体も自由…けれどそれぞれに込められた想いの深さと発想の伸びやかさは何も引けを取らず…。 今年も筆字の歌詞に泣かせられ、回文に笑わせられと、感性を揺さぶられまくってきました。

 毎年思うけれど、肉筆に囲まれた心地よさというのはたまらないですね! これはアナログ好きだから感じることかもしれませんが、肉筆は心を触られている感じになります…メールや電話ではなく、肩をたたき合える距離で話してる感じ…。
 そんな感想などお話を小林さんとさせていただけた、いい時間でした…。

大サービス価格で売られているのは、失恋の詩と猫が描かれたトイレットペーパー…悲しい思い出は水に流しちまいましょう♪ってことです。
 そんなものは遥か昔に流しましたが(笑)記念に買ってきました♪

 もう一つここでしか買えないのは小林さんと私のコラボ商品! 1枚100円で売られています。 よろしかったら年賀状にお使いくださいませ♪
151127-02


 29日日曜日までの開催です。 どうぞお越しください!

■祭ばやし
■とき:平成27年11月26日(木)~29日(日) 11時~19時(ただし初日は13時から、最終日は17時まで) 入場無料
■ところ:駒込「北里画廊」 北区中里2-5-1 03(3910)8853 ※JR駒込駅より徒歩1~2分





スポンサーサイト
展覧会 | 00:37:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
上條淳士 「LIVE」展
151124

 私と同年代のファンの方なら、このニヤに思わず目頭が熱くなるはず…そして30年の時が一気に逆回転して、恥かし痛い自分と真向かってしまうかもしれませんね(笑)。
 このサイン入りTシャツを、何ってこのTo-yというマンガを教えてくれた、17歳当時好きだった同級生に見せたい…!
 
 興奮気味の導入に???な方がほとんどかと思いますが、この絵は上條淳士氏のマンガ「To-y」の中でもかなりクライマックスなワンシーンでして、夢中になって読んでた当時、この1ページがこの絵だけのページに手も目も止まったのを覚えています。
 この時の自分に、30年後にこの原画が観られて、作者の上條氏に顔を覚えていただけて話が出来て、サインもらって握手できるなんて言ったって、絶対信じないと思う…! 人生何が起こるかわからないです…。 全て同じイラストレーター仲間である友人のお陰なんですけどね♪

 友人のお陰はもちろんなのですが、私ばかりでなくこの様に神の様な存在の方と交流できる様になったのは、ネットの恩恵は多分にあると思います。
 マンガ家さんに会えるとか交流できるなんて、当時まず有り得ないですもんねー…。 長くは書きませんが、こうしてあり得なかったことがあり得る様になったことは、当時なかった現象も生み出して「しまったな」と思うところも正直なところ…。
 その辺りもギャラリーを出た後、友人とお茶しながら語り尽くせて、今日もとてもいい時間をいただきました…。

 心いっぱいになった日でしたが、上條さんの作品とファンに対する誠意はいつもとても私の背筋を正させます。 そう思わせてくださる存在に感謝です。

 上條淳士 「LIVE」展は吉祥寺のギャラリー「リベストギャラリー 創」にて明日11月25日17時まで。
観覧可能な方、ぜひ!



展覧会 | 21:25:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
Soul Food Kitchen@浦安
151118

 イラストレーター仲間である西山カルロスさんが、今年の1月から「Soul Food Kitchen」という飲食のお店をオープンされました。
 そう書いてしまうと簡単ですが、売れっ子イラストレーターから飲食店オーナーへの転身は、想像を超える情熱と努力、そして経験の積み重ねがないと出来ません…。
 その一部がこちら「メシ通」で紹介されていますが、そこで語られていることがとても興味深く、また思うところがあったので、そしてお料理がとても美味しそうだったので♪イラストレーター仲間のお店だからというだけでなく、行ってみたいと思っていたのでした。

 で、同じくイラストレーター仲間を募り、本日念願叶ってお店へ! 驚かせたかったので、予約も入れずに行くという暴挙でしたが、運良く入れまして、喜んでくれた笑顔に迎えられ入店!
 カルロスさんのセンス満載のお店は借りてる物件でなく土地を購入し設計を依頼し、住居兼、お店を建てられたもの。
けれど開店して1年未満とは思えない良い感じに時間を重ねた味のある雰囲気になっていて、そこがまずすごいなと思いました…。
 
 で、出てくるお料理が思った通り美味しいんですよ♪ 自家製ロースハムやマグロの尾の身のオイル揚げだとか、キッシュみたいな分厚いオムレツとか、キャベツのステーキとか、みんな創意工夫がされていて、美味しい!スモークチキンのローストとか、ホント、美味しい!デザートのバナナケーキまで温かい味で、 4人で濃い業界のおしゃべりをしながらシェアしていただいたのですが、大満足でした!

 浦安駅から徒歩3分の近さも嬉しい「Soul Food Kitchen」ぜひいらしてくださいませ!
  
 すごく広いお店ではないですし、常連のお客さんもいらっしゃいますので、お越しになる際は予約された方がいいかも?です。 ただし、予約の人数は4名以内だそうです。 次々と来店される地元常連客さんを大事にされてるとこも素敵ですよね♪

■Soul Food Kitchen
住所:千葉県 浦安市浦安市当代島1丁目5-33
Tel:047-354-7857
営業時間:11:00〜16:00 18:00〜24:00
定休日:月曜日木曜日
 
https://www.facebook.com/soul.f.kitchen/

美味しかった | 01:06:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
ティーサロン鎌倉山倶楽部
151117-01

 鎌倉山にあるお店「ティーサロン鎌倉山倶楽部」のウェブサイトの絵とショップカードの絵を担当させていただきました。 
 こちらの日記ではプライベートなことばかりでほとんどお仕事のことを書いていませんが、「Mariの講座日記」にあるように、私のお仕事は水彩画イラストレーターと水彩画講師なんです。

151117-02


 ということで、今日はお天気も良かったので、鎌倉に遊びに行き、バスに乗って鎌倉山バス停すぐそばにある「ティーサロン鎌倉山倶楽部」に行って参りました。
 絵を描かせていただいたショップカードをいただきたかったのと♪描くためにいただいた資料を拝見した時から食べたかった「和食料理人のぷりん」が欲しかったからでした。 次男のお土産にと、2つ買いました♪
 今日の小春日和の陽射しがぴったりのエントランスと落ち着いた店内で、お店の方々もとても丁寧でフレンドリーな素敵なお店でした。
 このようなお店の絵を描かせていただけたことに、改めて嬉しさを感じました…。

 そしてそして待ちわびたプリンのお味はというと…濃厚かつ軽やか…! どれだけいい素材を使ってるんだろう?!と思うほどの、インパクトある旨味とやわらかさに、次男と共に思わず「おぉ!」という声を上げた程でした…。
 これはさぞかし他のお菓子も美味しいだろうと、駅からバスで20分と少し遠いですがまたぜひ伺いたいですね。

 鎌倉はさすが観光地! どこもとても混んでいましたが、素敵なお店もいっぱいで楽しめる街ですね。 秋の観光シーズン、よろしかったら訪れてみてくださいませ♪

お知らせ | 20:14:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
信州伊那谷親子三代秋の旅+新城ラリー♪その3
151102-03

 秋の信州は伊那谷の旅のその3です。 3日目は本来の目的だった愛知県新城市で開催の「JRCA 全日本ラリー 第9戦 新城ラリー」を観戦するため、前日諏訪のくらすわで買った美味しいパンを朝食でいただいた後、早々に会場に向けて出発です!
 車窓から見える棚引く霧は何か?と尋ねたところ、天竜川にかかる霧だとか…川が続く限り長く長くある、朝陽を浴びる美しい霧は龍の如し…天竜川とはここから名付けられたのかな?と思うほどでした。
 
 会場の鬼久保公園は森を抱える大きな公園で、まったりピクニック気分♪ こちらの公式動画にある迫力と裏腹なのんきな写真ばかりでこの緊張感が伝わりませんが、この走りを目の当たりに出来た体験は貴重でした! 
 心地よいエンジン音と、ありえないスピードで駆け抜けていくテクニックは、何台観ていても飽きない!楽しい! 贔屓のSUBARU車が1.2位を獲得しましたが、SUBARU車の活躍が嬉しいし、まず駐車場で観るSUBARU車の多さが嬉しかったりするんですよ(笑)。
 往年の車の走りから、最新車の走りが観られるのも楽しい!
 昨年の高山ラリーと2年続けて観戦出来ましたが、来年もぜひ付いて行かせて欲しいと思いました♪

 高揚感を抱えたまま、豊橋市まで送ってもらい、新幹線と小田急線で帰路へ…。 新幹線なんて何年ぶりかな?? 駅弁を買い込んで最後にちょこっとだけ、電車の旅も味わえました♪

 駅弁と買ってきたお土産はこちらです。 マルスウィスキーの紋章が素敵で、彫られたショットグラスを買ってしまいました♪
151102-04

 最後に、2日目に長男が案内してくれた工程を、彼が書き入れて作ってくれた地図でアップします。
151104

 全部で108.6キロだったそうで、本当にたくさん走って案内してくれたんだなと、方々行かれたのに、各所のんびりできたのは運転してくれたおかげなんだなと、実感します。
 そんな長男に、とても喜んでくれて、すべてご馳走してくれた両親に、常に笑顔で両親と歓談してくれた次男に感謝です…。 両親の金婚式のお祝いにと計画した旅でしたが、両親と息子達に挟まれた私が一番シアワセだったのは言うまでもありませんね。
 三代それぞれが健康に留意し、またこんな素敵な機会があることを願いつつ、日々頑張ろうと思いました。

 長い日記をご覧いただき、ありがとうございました!


おでかけ | 08:49:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
信州伊那谷親子三代秋の旅+新城ラリー♪その2
151102-02

 親子三代信州旅行の続きです。 よく眠った翌朝はキリッと寒い朝でしたが、朝湯の贅沢を楽しみ、美味しい朝食をいただき、まず向かったのは長男が行きつけの市場「グリーンファーム」です。 長男がこのお店に行き始めた頃から両親を連れて行きたいと言ってくれていたお店で、疎開先が信州だったことから信州にはただならぬ思いのある父は、名物蜂の子の佃煮なども好きな私以上の信州好き(笑)。 そんな地元ならではの加工品の蜂の子や地元の農家のお惣菜から豊かな農産物、農業に欠かせない肥料などの素材、骨董品、動物まで売られている大きな市場です。
 ちなみにこの子ヤギは「ROCKIN'ON JAPAN 」2015年9月号に、SEKAI NO OWARI と一緒に登場したそうですよ(笑)。
  この品揃えに大興奮の両親は、次回は車で来て「買い出し」に来る!と宣言していました。

 その後連れて行ってくれたのはマルスウィスキーの蔵元、明治5年創業の本坊酒造株式会社信州マルス蒸留所です…またまた工場見学と試飲です(笑) 「マルスウィスキー」をあまりご存知ないかもしれませんが、マッサンでお馴染みの竹鶴政孝氏の上司であり、彼を英国に送り出した岩井喜一郎氏が生みの親のウイスキーなんです。
 夏にお土産で買っていったところ美味しいと父がとても喜んでくれて、蔵元へ連れて行ってもらった次第…。 大きな樽がいくつも積まれた蔵や蒸留所を見学しました。 使い込まれた歴史あるポットスティルの真鍮の美しさがたまらないですね! ここでも嬉しそうな父と次男の笑顔を見られてシアワセでした♪ 父は試飲の末選んだとっておきのウィスキーを大事そうに抱えていました(笑)

 蒸留所の周りのお庭も素敵で撮り歩いているウチにいい具合にお腹が空いてきたので、予約していたお蕎麦屋さん、「ひねもす」へ向かいました。
 こちらのお蕎麦はなんと十割蕎麦。 芯の部分だけの白いお蕎麦と、皮も入れた黒いお蕎麦の両方を味わえます。 ご主人自ら民家を改装したセンスある居心地のいい店内でいただく、ほんのり甘く香り高いお蕎麦は格別! 濃い蕎麦湯がまたむちゃくちゃ美味しい! 前回お蕎麦が終わってしまって食べられなかったので、今回は充分堪能できました。
 こちらもまた若いご夫妻で切り盛りするお店…和装でもてなす笑顔の女将と、温かく誠実な感じのご主人が素敵なお二人のお店でした♪

 次に連れて行ってもらったのは私のリクエストで「信州里の菓工房」です。 ここは銀座NAGANOで私が見つけたお菓子が美味しかったことから行きたかったお店なのですが、思っていたよりずっと大きな規模のお店で、その分食べたいお菓子が思ってたものの10倍くらいありまして(笑)興奮で目眩しながらも、塩栗羊羹と栗きんとんプリンを選び、栗ソフトクリームをいただきました♪
 もう少し胃袋にゆとりがあれば山のようなモンブランを食べたかった…! この旅唯一の後悔でございます(笑)ということで、こちらはまたぜひ長男に連れてきてもらおうと、思っています♪

 お腹もいっぱいになったところで、途中車を止めてもらったりして伊那谷の紅葉を楽しみながら、上諏訪へ向かいました。 峠から見下ろす諏訪湖はキラキラと綺麗でした。
 数ある諏訪大社の中で、今回は諏訪大社 上社本宮の荘厳な雰囲気をゆっくり楽しみました。 
 その後は以前長男とランチをして素敵なお店だった「くらすわ」に連れて行ってもらいました。
 ここではちょうど日入りのタイミングとなり、屋上デッキより諏訪湖に映る夕陽を楽しむ、最高の風景に出会えました。
 両親を上諏訪駅に送る時間も迫ってきていたので、お茶はしないで店では惣菜パンを購入。 翌朝いただきましたが、すごく美味しい! 十四ポークのソーセージも美味しいですし、柴崎に欲しいお店です…。

 楽しかった!ありがとう!と、満面の笑みを浮かべる両親を見送り、私達は伊那谷へ帰って行ったのですが、そうこうしているうちにいい具合にお腹が空いてきたので、長男の住まい近くにあるカレー屋さん「アンナプルナ」へ。
 食いしん坊の長男オススメのお店とあって、こちらも大変美味しい♪ ほんのり甘味を感じるナンと、スパイシーなカレーはホントに合いますね!
 美味しい尽くしの幸せな1日でした…♪


おでかけ | 09:01:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
信州伊那谷親子三代秋の旅+新城ラリー♪
151102-01

 私事ですが、今年の夏で両親は結婚50周年、金婚式をお祝いする年でした。 何かお祝いをしたいけれどなかなかできない私の情けない心情を汲み取ってくれた息子たちが、愛知県の新城で開かれるラリー観戦の前の日を、両親を伴っての親子三代の旅行にする提案をしてくれて付き合ってくれました。

 行き先は両親がずっと行きたいと言っていた長男が住む伊那谷です。 信州大好き人の私に言わせりゃいつでも素敵なのですが、秋の信州の美しさと味覚は格別なもので、そのど真ん中に行けたというのは本当にありがたいことでした。

 ジモティの長男と信州好きの私が用意したコースの1日目は、バスで新宿から伊那市→銘酒井の頭の蔵元漆戸醸造にてたっぷりの試飲→センスある花器と花、アンティークのお店「草の音」かんてんぱぱショップにて試食とお買い物→長男がお世話になっている居心地のいいコーヒーがすご〜く美味しいカフェ「おかもと」→仕事を終えた長男が迎えに来てくれて、可愛らしくて美味しいフレンチ「ラ・ブリック」→長男の住まいにちょこっと寄った後、「大芝荘」大芝高原にて温泉と宿泊です。

 蔵元漆戸醸造の温かいお人柄の皆さんが勧めてくださる銘酒を、次男の笑顔をつまみに試飲する父の笑顔は忘れられません。 草の音さんでも店主の方が色々なお店や伊那の街に寄せる想いを語ってくださり、おかもとさんは美味しいコーヒーとカフェラテ、そして楽しい語らいにお付き合いくださいました。

 若夫婦がもてなしてくださったラ・ブリックのお料理は、どれも丁寧で温かく、作りの手の工夫と愉しさが伺えるお料理でした。 盛りだくさんの前菜に始まり、鴨の絶妙な塩加減と焼き具合、タラと白子とのグラタンに舌鼓を打ちつつ、もう入らない!と言いつつキノコの香ばしさが美味しいパスタを美味しくいただき♪デザートのチョコレートのテリーヌで唸る…。 可愛らしい空間の中でおしゃべりとともにいただくコースは最高でした!
 
 大芝の湯も滑らかでやわらかく、化粧水に浸かっているかと思うほど…体の芯まで温まり解けました。 おしゃべりをもっと楽しみたい私でしたが、あっという間に入眠…この日の楽しさを反芻しつつ、両親と息子達に囲まれる眠りは至福のものでした…。

  一気に書こうと思いましたが、すでに1日目だけでえらい長いので、数回分けて書きます。 まだあまり知られていない伊那谷の魅力をご紹介したく、ガイドになるように書きますので、よろしかったらまた続きを見に来てください♪


おでかけ | 09:37:51 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad