FC2ブログ
 
■プロフィール

suisaisutudio

Author:suisaisutudio
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ニワコヤ映画祭2016 -Kino Iglu+ニワコヤ+山フーズ-
161112

 毎年11月のお楽しみであるニワコヤ映画祭は、今回で6回目になるそうです。
 今回選んだのは若き天才グザヴィエ・ドランの監督、主演の『トム・アット・ザ・ファーム』。 選んだというよりスケジュール上そこしか空いてなかったのと、どれを選んでも素晴らしい映画のラインナップなので、いい意味でどれでもよかったのです。
 ということで、あまり前情報無しに見たのですが、なかなかに重いテーマであったこと、そしてその重く難しいテーマと裏腹に人も自然も実に美しい映画であったこと…ことに監督で主役のグザヴィエ・ドランの妖しい美しさといったら…! もう心が奪われたままです…。

 この作品が心に灼きついた大きな理由として、その美しさが常に狂気と恐怖と緊張の中で観ていたからで、その終始映画を包んでいた音楽と音楽の使い方によるものなのでは?と思いました。
 私の拙い文章では到底伝わらない…機会がありましたら、ぜひご覧になっていただきたい作品です。


 憑かれたように映画の世界観をさまよってる観客にまず出されたのは、とても印象的なシーンを思い起こさせる硬く鋭い形のクッキー…そう、この映画祭は鑑賞後に映画にちなんだお料理をいただくのです。

 お料理は今回は「山フーズ」とニワコヤさんのコラボレーションです。
 最初のクッキーはもちろん、紙ナプキンに青いペンで書かれたメニューから、こちらの作品をご存知の方はもう何度も頷かれること請け合いのお料理の数々!
 
 正直なところ、この映画を見た後のお料理って何かしら…それ以前に私はこれを見終えた後、食欲というものがあるんだろうか…そんな疑問さえ抱えていたのですが、目とお口と香りが美味しいお料理に歓声を上げ、ぺろりとずべていただいちゃいました♪
 映画の感想を有坂さんやご一緒したみなさんと語り合えるのもちょーシアワセ!それぞれの見解やツボを伺うのが楽しかったです。

 映画を運んできてくださる「キノ・イグルー」の有坂さんによると、「才能の塊」のグザヴィエ・ドランの作品を観て、センスの坩堝のニワコヤさんで感性に直撃するお料理をいただき、至福のひと時でした…。

 実はこの建物でのニワコヤ映画祭は今年が最後です…13日まで開催ですが、「12日のお昼の回11:00〜のみ、あと3席あります。」との事でした。作品はマイケル・ウィンターボトム監督のイタリア映画『夏をゆく人々』です。
 ご興味ある方、早めに03-5315-2848のニワコヤさんまでお問い合わせくださいませ!

スポンサーサイト
未分類 | 10:00:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
車窓に降る詩
161110

 松本忠さんという、好きな鉄道風景画家の方がおられます。 数年前、中高生たちが出場する「鉄道模型コンテスト」で初めて作品とご本人にお会いし、それ以来毎年のコンテスト会場でご一緒し、個展に伺い、作品を堪能しております。

 ノスタルジー溢れる絵柄と、丹念に描かれた鉄道がある様子がたまらなく好きなのだけれど、その絵に添えられた詩がまた心に染み入るのですよ…書かれているのは松本さんの奥様で、ルポライターで詩人でいらっしゃる浅田志津子さん
個展に伺う度に絵と詩にしてやられ?ポロポロと流れる涙を抑えながらの鑑賞となるのです…。

 ずっとどんな方がこの詩を書かれているのだろう?と、できることならお会いしたいと思っていたのですが、このたび念願叶って、志津子さんとお会いすることができました!
 詩からイメージしていた方よりずっとお若く、可愛らしく聡明なで、そして温かく気さくな素敵な方で、同性ながら惹かれていく自分が止められない感じ! お付き合いいただいた友人とも、会場を後にした後も志津子さんの素敵さに感激していました。

 今回はお二方で作られている詩と絵の本「車窓に降る詩」を購入しました。 40篇の詩と90点の風景画は、毎晩寝る前に少しずつ味わいたいと思うような、ぬくもり溢れるもので、穏やかな気持ちに包まれます。
 志津子さんのサイトに行かれると、ご本人朗読で詩を聴くことができます。 ぜひぜひ公式ホームページ「夕陽色の詩集」に飛んでみてくださいませ。

 穏やかな松本さんの風貌とは裏腹に、精力的に展示会を開催されています。近いところでは今月23日から麻布十番で開催の二人展に出展されます。 松本さんの公式ホームページ「もうひとつの時刻表」の個展イベントページにて展示会のスケジュールをご覧くださいませ。
  

| 23:40:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。